スポンサードリンク

クエン酸と血流改善効果

黒酢に含まれているクエン酸には、血流改善効果があります。血液がドロドロになる原因の一つに、血小板が固まりやすい状態である場合があります。



クエン酸は、シクロオキシゲナーゼ (Cyclooxygenase) という酵素の働きを抑え、血小板を固まりやすくする作用があるプロスタグランジンI2(PGI2)やトロンボキサンチンA2(TXA2)の生成を抑制することで血流改善効果があると推測されています。



血液は、酸素や栄養分、老廃物などを運ぶ役割があります。しかし、血液がドロドロの場合は、毛細血管では通りにくくなり、体の末端部分まで酸素や栄養素などが運ばれなくなります。



結果、冷え症や、肩こり、頭痛、めまい、疲れやすくなるなどの体の不調が起こります。さらには、命にかかわる脳梗塞や心筋梗塞を招く原因にもなり得ます。



脳梗塞、心筋梗塞とは脳や心臓につながる動脈がつまる病気です。 血小板が固まりやすいことが原因で血液がドロドロだと、血液が動脈をつまらせてしまう可能性が高くなります。



糖尿病や高血圧の人は、動脈血管内膜が傷つき易くなっています。例えば、悪玉コレステロールが血管内膜に蓄積し、コブ状になることがあります。悪玉コレステロールが蓄積したコブは破れやすく、血小板は破れた箇所に集まって傷をふさぎます。



傷を修復する働きのある血小板は、集まって次第に大きくなり、「血小板血栓」となります。その「血小板血栓」がなんらかの原因で剥がれ、血流にのって脳に運ばれて、脳動脈をつまらせるのが脳梗塞です。



これが心臓の動脈(冠動脈)でおこると、心筋梗塞です。この「血小板血栓」が形成されるのに必要な時間は、わずか1分程度です。



クエン酸は、血小板を固まりやすくなるのを予防する作用があることから、血小板血栓の生成を防ぐことで血流改善等の効果が期待できます。


一般的に、血液がドロドロな状態では、
・高血圧
・動脈硬化
・心筋梗塞
・脳梗塞
・腎臓病
など、様々な症状の原因となり得るといわれています。



逆に、血流が良く、いわゆる血液がサラサラな状態では、
・新陳代謝の促進
・美肌効果
・冷え性改善
・生理痛予防
・集中力向上
などの効果が期待できるといわれています。



黒酢 最新一覧 By 楽天



クエン酸と疲労回復 / クエン酸と血流改善効果 / クエン酸と肝機能改善効果 / クエン酸と痛風 / クエン酸とミネラル / クエン酸と食欲増進
| クエン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。