スポンサードリンク

ヒスチジン ダイエット

黒酢は、ヒスチジンを含んでいます。ヒスチジン (histidine) は、必須アミノ酸のひとつで、脳に運ばれるとヒスタミンに変化します。ヒスタミンは、鼻づまりなど、花粉症などのアレルギー症状を引き起こすことで知られていますが、脳内では、満腹中枢を刺激して過食を防ぐ作用があります。



黒酢を摂取すると、含まれているヒスチジンが、吸収され、血液によって脳に運ばれ、脳内で変換酵素(ヒスチジン脱炭酸酵素:HDC)によりヒスタミンに変化し、満腹中枢の一つであるヒスタミンニューロンに作用すると考えられています。



ヒスタミンは、さらに、交感神経を刺激して、肝臓などでの脂肪の代謝を活発にする作用があります。したがって、ダイエットにとっては脳内にヒスタミンが充分に存在することは必須といえます。



ヒスタミンを脳内に増やすには、咀嚼することが効果的とされています。また、ヒスタミン、そのものを摂取しても脳の血液脳関門を通過することが出来ないために、食べ物などで摂取するには、血液脳関門を通過できるヒスチジンを黒酢などで摂取することが効果が高いといえます。



黒酢は、バナナ黒酢とか黒酢トマトジュースなどを食前に飲むことでダイエットに効果があるとされてきましたが、それは、このヒスチジンが脳内でヒスタミンに変化することでの過食防止効果と脂肪代謝促進効果が理由のひとつといえます。



ヒスチジンは、黒酢以外では、カジキマグロ、マグロ、サバ、イワシ、アジ、サンマなどの刺身・干物に多く含まれています。また、鶏肉、ハム、チェダーチーズ、ドライミルクにも含まれます。また、ヒスチジン摂取による肥満防止作用には動物実験では性差があり、雌性の方が雄性よりもその効果が顕著であるとの報告があります。

黒酢 最新一覧 By 楽天

黒酢の効能と効果 / 黒酢の有機酸でメタボ予防 / 黒酢で内臓脂肪ダイエット / 黒酢で動脈硬化予防 / 黒酢とコレステロール / 黒酢と高血圧 / 黒酢と糖尿病 / 黒酢でメタボ対策? / 黒酢で疲労回復? / 黒酢で美肌? / 黒酢で貧血予防 / 黒酢で体臭予防 / 黒酢と抗酸化作用 / 黒酢と便秘改善効果 / 黒酢とがん / 黒酢と認知症 / 黒酢と健康効果 / 黒酢の効能 / 黒酢と血流改善効果 / 黒酢と痛風 / 黒酢のダイエット効果は? / ヒスチジン ダイエット





スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。