スポンサードリンク

黒酢とがん

黒酢が、がんにも効果がありそうです。黒酢は、コハク酸を含んでいます。コハク酸は、クエン酸、リンゴ酸とともに有機酸のひとつでクエン酸回路を構成する成分のひとつです。



コハク酸には、がん細胞の増殖を抑える効果があるとの報告があります。コハク酸がある環境で大腸がんや胃がん細胞を培養すると、増殖が半分程度に抑えられるのを確認したとされています。さらに、ラットを使用した実験で、がんの増殖を促すとされる血管新生が起きにくくなることも確かめられたと報告されています。



黒酢には、さらに、ポリフェノールを含んでいて、例えば、フェルラ酸(ferulic acid)や、ジヒドロフェルラ酸が含まれています。フェルラ酸は、フェノール類のひとつで、抗がん、抗菌、抗酸化作用を持ちます。



フェルラ酸は、動物実験などでは、乳がんや肝臓がんに対して効果があるとされています。またがん細胞にアポトーシスを起こさせる働きを持つとも報告されています。さらにベンゾピレンなどによる発がんを予防する効果も持つとされています。



また、整腸作用があることなどから、大腸がんの原因となる潰瘍・大腸炎の症状を改善するともいわれています。 これらのことから、黒酢には抗がん作用が期待されています。

黒酢 最新一覧 By 楽天

黒酢の効能と効果 / 黒酢の有機酸でメタボ予防 / 黒酢で内臓脂肪ダイエット / 黒酢で動脈硬化予防 / 黒酢とコレステロール / 黒酢と高血圧 / 黒酢と糖尿病 / 黒酢でメタボ対策? / 黒酢で疲労回復? / 黒酢で美肌? / 黒酢で貧血予防 / 黒酢で体臭予防 / 黒酢と抗酸化作用 / 黒酢と便秘改善効果 / 黒酢とがん / 黒酢と認知症 / 黒酢と健康効果 / 黒酢の効能 / 黒酢と血流改善効果 / 黒酢と痛風 / 黒酢のダイエット効果は? / ヒスチジン ダイエット

スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。