スポンサードリンク

黒酢の飲み方

黒酢にはサプリメントタイプやドリンクタイプなどがあることで、いつでもどこでも、手軽に飲むことが出来ます。



しかし、黒酢の飲み方には注意が必要なようです。空腹時に飲むのは避けたほうが良いようです。また、ドリンクタイプの場合には、スポーツ後など口内に唾液が少ない時にも避けたほうが良いようです。



黒酢は、空腹時など胃の中に飲食物がないときに摂ると、黒酢の強い酸が、胃壁を傷める可能性があります。したがって、食後がおススメですが、食前でも他の食材と一緒に摂るなら問題はありません。



例えば、トマトジュースは、食前に摂るのがダイエットには効果的ですが、トマトジュースに混ぜて、黒酢を摂ることは、よりダイエット効果を期待できます。



ところで、最近問題になっているのが、酸蝕歯です。糖分の多いジュースなどを飲みすぎて、歯のエナメル質が酸に侵されて一時的にやわらかくなり、ミネラル分の一部が失われた状態の歯のことです。



酸蝕歯が進行すると冷たいものが歯にしみる知覚過敏や、虫歯のような痛みを引き起こします。



酸蝕歯の予防には唾液が最も有効です。大量の唾液で酸蝕歯の原因物質を洗い流すことが酸蝕歯の予防には最も効果があります。



黒酢は、強い酸性ですが、通常は、一度に大量に摂ることがないことから酸蝕歯を引き起こすことはありません。しかし、酸蝕歯を予防する働きのある唾液が少ない時に黒酢のドリンク剤などを飲むと酸蝕歯を引き起こしてしまいます。



したがって、黒酢の飲み方としては、空腹時に単独で飲むことや、スポーツ直後など口内の唾液が少ないときに飲むのは避けたほうが良いといえます。

黒酢 最新一覧 By 楽天



黒酢の飲み方 / 黒酢の足湯 / 黒酢バー / 酸蝕歯 / 黒酢とトマトジュース

スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。