スポンサードリンク

黒酢で内臓脂肪ダイエット

黒酢は、内臓脂肪を減少させる作用があります。内臓脂肪の増加は、様々な生活習慣病を引き起こすと考えられています。



黒酢に含まれるバニリン酸(vanilicacid)は、内臓脂肪細胞の増減にかかわるとされるアディポネクチンの産生を増強ないし促進する作用があるといわれています。



アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌される分泌蛋白です。作用としては、肝臓のAMPKを活性化させることによるインスリン感受性の亢進、動脈硬化抑制、抗炎症、心筋肥大抑制などがあるとされ、体内量は内臓脂肪の量と逆相関の関係となっています。



アディポネクチンは、血液中を流れて全身を巡っていて、タバコや血圧、血糖値の上昇、血中脂質、などによって血管が傷ついているところを見つけると、すばやく入り込んで修復する作用があります。



黒酢は、バニリン酸を含むことで、血中のアディポネクチンを増やし、内臓脂肪を減らす作用が期待できると考えられています。

黒酢 最新一覧 By 楽天

黒酢の有機酸でメタボ予防 / 黒酢で内臓脂肪ダイエット / 黒酢で動脈硬化予防 / 黒酢とコレステロール / 黒酢と高血圧 / 黒酢と糖尿病 / 黒酢でメタボ対策? / 黒酢とトマトジュース




スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。