スポンサードリンク

黒酢の足湯

黒酢の足湯には高い健康効果があるといわれています。例えば、水虫に対する民間療法としては古くからよく知られています。黒酢の強い殺菌作用が水虫にも効果があるようです。



ただし、水虫は、完治には時間がかかることから、最短でも1ヶ月、爪水虫の場合には、半年間続ける必要があります。



また、黒酢に含まれるフェルラ酸(Ferulic Acid)は、ケイ皮酸誘導体の一種で、皮膚に塗布すると、UV吸収効果とメラニン生成抑制効果を示し、フリーラジカルを中和する強力な抗酸化作用もあるとされています。



したがって、黒酢の足湯は皮膚の健康に効果があるといえます。また、黒酢は、酸性です。温泉の酸性泉(明ばん泉)は、慢性皮膚病、慢性婦人病、月経障害、筋・関節痛、糖尿病に効果があるとされ、入浴と飲泉で貧血、慢性消化器病に効果があるといわれています。



足湯は、全身浴と異なり、膝下だけをお湯に浸しますが、足は、第2の心臓と言われるように太い血管が通っていることから全身を温めることができます。



そして、足湯で温められた血液は1分で全身を巡ります。そのため、全身浴に匹敵する効果を得ることが出来ます。



しかも、足湯は全身浴のように体に水圧がかからないことから心臓に負担が少ないことから、高齢者や心臓に負担をかけたくない人などでも手軽に利用でき、脱衣せずに入浴効果を得ることができます。



足湯は、肝臓を効率良く働かせる作用があるといわれています。肝臓の働きを活性化させると、痩せやすい体を作ったり、免疫力を高めることができ、ダイエットや風邪予防に効果があるとされています。



足湯によって、手軽に体を温めると、体温を維持するために熱を作り出す中心的な働きをしている肝臓が、体熱を発生させる仕事をしなくて良くなる為、肝機能に余力ができます。



その余力が出来た事により、体内の老廃物の解毒、免疫細胞へのエネルギー供給による免疫力の強化、脂肪などの栄養素の分解、蛋白質の合成など、体熱を発生させる以外に行う、肝臓の他の機能に力を注げることで、様々な健康効果を期待できるとされています。



したがって、足湯は、全身の血流改善効果などにより、ほかにも冷え性・肩こり・ムクミ・疲労・不眠・ストレスの軽減などの効果があるといいます。



黒酢の足湯の場合、お湯2リットルに対して黒酢を60cc〜200cc、湯温は、39度から42度くらいとされ、血圧の低い午前中なら42度と熱めのお湯が、午後は血圧が安定してくるので40度前後のぬるめが良いともいわれています。



40〜41度で20分間足湯をした後、採血をして、血液の状態を調べたところ、がん細胞を殺す作用のある「NK細胞」の活性度が、10人中7人で増加していたという報告があります。



足湯も長時間では普通の入浴と同じようにのぼせてしまいます。目安として足がピンク色になるか、全身が温かく感じたり、わきの下や額にほんのり汗がにじんできたり、腰回りが温かくなってくる感じがしたら充分です。



また、例えば、朝・昼・夜・寝る前などのように、こまめに足湯をすると一日を通じて免疫力を高く維持することが出来るといわれています。



黒酢 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。