スポンサードリンク

クロロゲン酸

黒酢には、ポリフェノールのフェノール酸類であるクロロゲン酸(chlorogenic acid)が含まれています。



クロロゲン酸は、コーヒー豆から初めて単離されたポリフェノールの一種で、コーヒー豆を焙煎した時の芳香成分や色素成分です。 稲などにも含まれています。高い抗酸化作用があるとされていて、活性酸素を消去することが期待されています。



クロロゲン酸の抗酸化作用は、ビタミンCとして知られるアスコルビン酸よりも強力であり、そのおもな働きとしては、大腸癌、肝癌、肝硬変などの肝臓疾患の予防作用、2型糖尿病の予防効果(血糖値の抑制)、活性酸素消去によるコレステロール抑制作用、胃液分泌を増やす作用、中枢神経興奮作用、などがあるといわれています。



さらに、クロロゲン酸は、褐色脂肪細胞を活性化して基礎代謝を上昇させることにより、痩せやすい体へ導いてくれることでダイエットに効果があると期待されています。



また、クロロゲン酸には、マルトースをグルコースに分解する酵素であるα-グルコシダーゼの阻害活性が認められ、ラットを使用した動物実験において食後の血糖上昇の抑制作用が認められています。



黒酢 最新一覧 By 楽天



ポリフェノール / カフェ酸 / クロロゲン酸 / プロトカテク酸 / シリンガ酸 / バニリン酸 / フェルラ酸 / シナピン酸 / p-ヒドロキシ安息香酸 / p-クマル酸

スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。