スポンサードリンク

カフェ酸

黒酢には、カフェ酸(caffeic acid)が含まれています。カフェ酸は、コーヒー酸とも呼ばれていて、コーヒーに含まれるポリフェノールとして知られています。コーヒーの深い香りや色は、このカフェ酸によるといわれています。



カフェ酸は、熱に弱いクロロゲン酸から分離されたもので、フェルラ酸等とともにクロロゲン酸類に属します。



カフェ酸を含むこれらクロロゲン酸類の生理活性として血糖値上昇抑制作用、血圧改善作用、抗発癌作用、抗酸化作用などが多数報告されていて、近年注目されている成分です。



特に糖質分解酵素(α-グルコシダーゼ、α-アミラーゼ)阻害による血糖値上昇抑制作用に関しては、ヤーコン、エンサイ、さつまいも(すいおう)、プロポリス抽出物の関与成分として、クロロゲン酸異性体が寄与しているとの報告があります。



なかでも、カフェ酸は、ガンを予防する効果、動脈硬化を抑制する効果とともに、リラックス効果を持っているといわれていて、抗酸化作用は、クロロゲン酸よりも高いとされています。



黒酢 最新一覧 By 楽天



ポリフェノール / カフェ酸 / クロロゲン酸 / プロトカテク酸 / シリンガ酸 / バニリン酸 / フェルラ酸 / シナピン酸 / p-ヒドロキシ安息香酸 / p-クマル酸
| カフェ酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。