スポンサードリンク

ポリフェノール

黒酢には、原料由来のポリフェノールが含まれています。ポリフェノール(polyphenol)とは、植物の樹皮や表皮、種子などに、色素成分や苦味・渋味成分、そして香り成分などとして含まれている成分で、自然界には何千種類も存在すると言われています。



ポリフェノールは、植物細胞の生成、活性化などを助ける働きを持ち、動けない植物が、虫や小動物などによる攻撃や、光合成の過程や紫外線により生じる活性酸素による酸化作用などから、植物自身を守るための生体防御物質です。



そして、これを摂取した私たち人間のカラダの中でも、抗酸化作用など有益な機能性を持つことが確認されています。



例えば、玄米を原料とした黒酢には、ポリフェノールのなかでも水溶性フェノール類に分類される、フェルラ酸、シナピン酸、バニリン酸、プロトカテク酸、p-ヒドロキシ安息香酸、カフェ酸、クロロゲン酸、p-クマル酸、シリンガ酸が含まれているとされています。



これらの活性酸素除去能(SOD活性)には違いがあり、その高さは、カフェ酸 > クロロゲン酸 > プロトカテク酸 > シリンガ酸 > バニリン酸 > フェルラ酸 > シナピン酸 > p-ヒドロキシ安息香酸 > p-クマル酸の順になるといわれています。



ちなみに、バニリン酸の活性酸素除去能(SOD活性)は、ビタミンCとして知られるアスコルビン酸と同程度の高さを持つとされています。



また、ポリフェノールは、複数を組み合わせると単独よりもトータルでの活性酸素除去能(SOD活性)が、より高い活性酸素除去能(SOD活性)を示すことが多いとする報告があります。



黒酢 最新一覧 By 楽天



ポリフェノール / カフェ酸 / クロロゲン酸 / プロトカテク酸 / シリンガ酸 / バニリン酸 / フェルラ酸 / シナピン酸 / p-ヒドロキシ安息香酸 / p-クマル酸

スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。