スポンサードリンク

クエン酸と血流改善効果

黒酢に含まれているクエン酸には、血流改善効果があります。血液がドロドロになる原因の一つに、血小板が固まりやすい状態である場合があります。



クエン酸は、シクロオキシゲナーゼ (Cyclooxygenase) という酵素の働きを抑え、血小板を固まりやすくする作用があるプロスタグランジンI2(PGI2)やトロンボキサンチンA2(TXA2)の生成を抑制することで血流改善効果があると推測されています。



血液は、酸素や栄養分、老廃物などを運ぶ役割があります。しかし、血液がドロドロの場合は、毛細血管では通りにくくなり、体の末端部分まで酸素や栄養素などが運ばれなくなります。



結果、冷え症や、肩こり、頭痛、めまい、疲れやすくなるなどの体の不調が起こります。さらには、命にかかわる脳梗塞や心筋梗塞を招く原因にもなり得ます。



脳梗塞、心筋梗塞とは脳や心臓につながる動脈がつまる病気です。 血小板が固まりやすいことが原因で血液がドロドロだと、血液が動脈をつまらせてしまう可能性が高くなります。



糖尿病や高血圧の人は、動脈血管内膜が傷つき易くなっています。例えば、悪玉コレステロールが血管内膜に蓄積し、コブ状になることがあります。悪玉コレステロールが蓄積したコブは破れやすく、血小板は破れた箇所に集まって傷をふさぎます。



傷を修復する働きのある血小板は、集まって次第に大きくなり、「血小板血栓」となります。その「血小板血栓」がなんらかの原因で剥がれ、血流にのって脳に運ばれて、脳動脈をつまらせるのが脳梗塞です。



これが心臓の動脈(冠動脈)でおこると、心筋梗塞です。この「血小板血栓」が形成されるのに必要な時間は、わずか1分程度です。



クエン酸は、血小板を固まりやすくなるのを予防する作用があることから、血小板血栓の生成を防ぐことで血流改善等の効果が期待できます。


一般的に、血液がドロドロな状態では、
・高血圧
・動脈硬化
・心筋梗塞
・脳梗塞
・腎臓病
など、様々な症状の原因となり得るといわれています。



逆に、血流が良く、いわゆる血液がサラサラな状態では、
・新陳代謝の促進
・美肌効果
・冷え性改善
・生理痛予防
・集中力向上
などの効果が期待できるといわれています。



黒酢 最新一覧 By 楽天



クエン酸と疲労回復 / クエン酸と血流改善効果 / クエン酸と肝機能改善効果 / クエン酸と痛風 / クエン酸とミネラル / クエン酸と食欲増進
| クエン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クエン酸と肝機能改善効果

黒酢に含まれているクエン酸には、肝臓の機能を改善し、肝臓病を予防する効果があるといわれています。



クエン酸は、クエン酸回路を活性化する作用があることから、エネルギー代謝を高めるため、身体に蓄積されている中性脂肪だけではなく、肝臓に蓄積されている中性脂肪の代謝も促します。



肝臓に中性脂肪が異常に蓄積している状態を脂肪肝といいます。糖分や脂質を摂りすぎや、アルコールの飲みすぎなどによって脂肪肝となることが知られています。



健康な肝臓でも3〜5%の脂肪を含んでいますが、5%を超えた場合を脂肪肝といいます。脂肪肝は年代では30〜70代に多く、男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年に多発しています。



脂肪肝は、放っておくと肝硬変に進むことがあります。脂肪肝などによって炎症を起こすことで肝臓に損傷が生じることがありますが、肝臓は、強い再生能力を持つことから、その傷を修復することができます。



肝硬変は、その傷を修復するときにできる「線維(コラーゲン)」というタンパク質が増加して肝臓をごつごつした岩のように硬くしてしまい、腹水や食道静脈瘤、肝臓機能が低下するために起こる肝性脳症や黄疸などを引き起こしてしまいます。



しかも、やっかいなことに、肝硬変そのものを治療できる薬剤はほとんどありません。したがって、脂肪肝を予防・改善することは、とても大切なことです。



クエン酸は、肝臓の中性脂肪の代謝を促すだけでなく、肝臓の機能を高めてくれる亜鉛など、ミネラルの吸収を促進する働きもあることから、肝機能改善効果を期待できる成分といえます。



黒酢 最新一覧 By 楽天



クエン酸と疲労回復 / クエン酸と血流改善効果 / クエン酸と肝機能改善効果 / クエン酸と痛風 / クエン酸とミネラル / クエン酸と食欲増進
| クエン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クエン酸と痛風

黒酢に含まれるクエン酸は、尿酸値を下げて痛風を改善予防する効果があるといわれています。



痛風は、高尿酸血症と呼ばれる血液の尿酸値が高い状態を長く続けていると発症します。高尿酸血症を放置していると、ある日突然、足の親ゆびの付け根などの関節が赤く腫れて耐えがたいほど痛む痛風発作に見舞われます。痛みは激烈で、風に吹かれても痛みを感じるという意味で痛風といいます。



クエン酸は、酸性の物質ですが尿のpHを下げてアルカリ性にする働きがあります。痛風の原因物質とされる尿酸は酸性であることから、アルカリ性の尿中によく溶けます。その結果、尿酸がしっかりと体外に排泄されることで血中の尿酸値低下へとつながります。痛風の薬の一つとして、「クエン酸塩」を使用したものがあるのはこのためです。



痛風発作は、まさに発作的な症状で、たいていの場合、1週間から10日ほどでしだいに沈静化をして、しばらくすると全く症状がなくなります。



しかしながら、高尿酸血症を放置していると、多くの場合1年以内にまた同じような発作がおこります。これを繰り返していると、足首や膝の関節まで腫れはじめ、発作の間隔が次第に短くなってきます。



このころになると、関節の痛みだけでなく、関節の周囲や身体のどこかにコブのような結節ができたり、腎臓が悪くなったり、尿路結石が出来たりします。果ては重症の慢性痛風になる可能性も高く、しかも、血清尿酸値の高い人は心血管障害や脳血管障害を患う可能性が他の人より高い事がわかっています。



したがって、黒酢によって、手軽にクエン酸を摂取することは、痛風の予防・改善に効果があるだけでなく、心血管や脳血管の健康にも効果があるといえそうです。



黒酢 最新一覧 By 楽天


クエン酸と疲労回復 / クエン酸と血流改善効果 / クエン酸と肝機能改善効果 / クエン酸と痛風 / クエン酸とミネラル / クエン酸と食欲増進
| クエン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クエン酸とミネラル

黒酢に含まれるクエン酸には、キレート効果があることでミネラルを体内に吸収するのを促進する効果があるとされています。



キレート(Chelate)とはギリシャ語で「カニのはさみ」という意味を持ちます。クエン酸がミネラルをカニのはさみのように包み込むことから、この名前がついたといわれています。


キレート効果を発揮する成分には、クエン酸のように、吸収されにくい成分を吸収されやすい形に変えて吸収を容易にするものだけでなく、逆に物質の吸収を阻害して排出を促す働きをもつ成分もあります。



クエン酸は、体に吸収されにくい鉄分やカルシウムを吸収されやすいように変えて、吸収を高めますが、フィチン酸は、カルシウム・マグネシウム・鉄などのミネラルと結合して体内への吸収を妨げる成分として知られています。



亜鉛などミネラルは、本来吸収率がそれほど高いものではありません。単独で摂取した場合、吸収率は平均でも5〜6%程度、比較的高いといわれるマグネシウムでも30%〜50%程度です。



ところが、クエン酸と一緒に摂ることで、クエン酸がミネラルを包み込んで結合し、その酸化を抑制するとともに吸収を助ける働きがあるため、ミネラルを摂取するためのサプリメントにはクエン酸が配合されたものが多く販売されているほどです。



したがって、黒酢をミネラル豊富な食材と一緒に摂ることは理にかなっているといえます。



黒酢 最新一覧 By 楽天


クエン酸と疲労回復 / クエン酸と血流改善効果 / クエン酸と肝機能改善効果 / クエン酸と痛風 / クエン酸とミネラル / クエン酸と食欲増進
| クエン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クエン酸と食欲増進

黒酢にはクエン酸が含まれています。クエン酸は、食欲増進効果が期待できます。クエン酸や酢酸の酸味は、人間の味覚や臭覚を刺激して脳の摂食中枢に働きかけ、唾液の分泌を促し、食欲増進作用をもたらします。



唾液には糖質を分解するアミラーゼという消化酵素が含まれています。そのため、唾液の分泌と連動して胃の働きも活発になり胃液が分泌します。つまり、クエン酸や酢酸の酸味は唾液だけでなく胃の消化液の分泌も高めるはたらきがあります。



食欲が出ない要因の一つに、胃腸の動きが鈍っていて、胃の消化液の分泌が充分ではないことが挙げられます。クエン酸は唾液や胃液の分泌を高めることで、食欲増進作用をもたらすわけです。



ところで、クエン酸の酸度は低く、胃液に分泌される塩酸の1/180、酢酸の1/3です。つまり、酸っぱさでは酢酸の約1/3程度です。



そして、クエン酸は加熱しても壊れないという性質があるため、ケーキなどのお菓子をはじめとして、様々な食品の隠し味に使用されてもいます。



黒酢 最新一覧 By 楽天


クエン酸と疲労回復 / クエン酸と血流改善効果 / クエン酸と肝機能改善効果 / クエン酸と痛風 / クエン酸とミネラル / クエン酸と食欲増進
| クエン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クエン酸と疲労回復

黒酢の主成分は酢酸ですが、クエン酸を一般的な米酢の約11倍(45mg/100ml)程度含んでいます。これは、同様に約12倍(486mg/100ml)含むとされるアミノ酸とともに、黒酢の成分の特徴の一つとなっています。



クエン酸は、もろみ酢に豊富に含まれていることが知られていますが(775mg/100ml)、レモンや、グレープフルーツなどの柑橘類や梅干しの酸味成分として知られているαヒドロキシ酸の一種です。



私たちの体内には、「クエン酸回路」あるいは「TCAサイクル」とも呼ばれるエネルギー産生サイクルがあります。これは、摂取した栄養素が酵素やビタミンなどによってクエン酸をはじめとした8種類の酸に分解され、またクエン酸に戻るというエネルギー産生サイクルです。



運動中に適度にクエン酸を補充すると、クエン酸回路を活性化させることができ、次々とエネルギーを作り出すことが出来ることで疲労の予防・回復に効果があるとされています。



ところで、疲労は、原因物質の乳酸が蓄積するためであるといわれていたことがあります。しかし、近年、乳酸は疲労の原因物質ではないことが明らかにされています。



運動をすると、体内のブドウ糖が燃焼(代謝)してエネルギーを生産しますが、このとき、酸素の供給を必要としない、解糖系糖質代謝においてピルビン酸(焦性ブドウ糖)となり無酸素運動下では乳酸が生成されます。



解糖系糖質代謝は、代謝のスピードが速く、すぐにエネルギーを作ることができることから、強い運動の時には欠かせない代謝であり、酸素の供給が少ない無酸素運動状態においては乳酸が生成されることになります。



乳酸は、酸化系代謝によって酸化されることで、エネルギーを作り出します。つまり、乳酸は、大切なエネルギー源のひとつであるわけです。酸化系代謝は、代謝のスピードが遅く、エネルギーを作るのに時間がかかりますが、大量のエネルギーを作ることができる利点があります。



クエン酸は、クエン酸回路を活性化させることで、乳酸の代謝を促進する作用があると考えられています。その結果エネルギーの供給が円滑に行われて疲労回復に効果が期待できるというわけです。


黒酢 最新一覧 By 楽天


クエン酸と疲労回復 / クエン酸と血流改善効果 / クエン酸と肝機能改善効果 / クエン酸と痛風 / クエン酸とミネラル / クエン酸と食欲増進
| クエン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。