スポンサードリンク

黒酢にんにくの作り方

黒酢にんにく、あるいは、にんにくの黒酢漬けは、どなたでも簡単に作ることができます。



その作り方は、先ず、にんにくの皮を剥きます。にんにくが新しいと皮は柔らかいので、剥きやすいです。薄皮もキレイに取り除きます。



皮を剥いたら、水で洗い、よく水気を切ります。漬け込んだ にんにくは、食べることでより健康効果を得ることができますから、もし、にんにくの1片が大きいと感じたなら、半分に切るのがおススメです。



水気を切ったにんにくを広口瓶に入れて、上から黒酢を注ぎ、ふたをします。にんにくが黒酢の表面より上に出ないように漬け込むことがポイントです。



直射日光の当たらない涼しい冷暗所で保存します。2週間ほどで、にんにくのエキスが滲み出るので、黒酢を飲むことができます。1ヶ月たったら、にんにくも食べられます。



にんにくを漬け込んだ黒酢を飲むときには、黒酢20ml+水80mlを目安に薄めて飲んでください。薄めないと胃をいためる可能性があります。



にんにくの黒酢漬けを食べるときには、1日に食べる目安は、にんにく2〜3粒程度といわれています。



ところで、黒酢漬けしたにんにくが青緑色に変色することがありますが、安全性に問題はないようです。にんにくが黒酢に漬けると青緑色になるについてはいくつかの説があります。



どの説についても言えることは、にんにく自身の成分が酵素の働きなどで反応して、数日間のうちに青緑色に変わるということです。



そして、収穫直後や発芽しかかっている時など、酵素活性の強いときにこの反応は著しいようです。なお、黒酢などの酢だけでなく、しょうゆや酒、焼酎に漬けた場合にも青緑色の変色が起こることがあるようですが、安全性に問題があるという報告はありません。



黒酢 最新一覧 By 楽天



黒酢にんにく / 黒酢にんにくの作り方 / 黒酢 黒酵にんにく卵黄 / すっぽん黒酢にんにく

黒酢にんにく

黒酢にんにくが人気です。黒酢とにんにくの組み合わせが健康増進に効力があるということで愛用者も増えているようです。



黒酢にんにくのにんにくは本来無味無臭ですが、切ったり、潰したりすると、にんにく内のアリイン(無臭成分)がアリシンに変化することで、特有の臭いと強烈な刺激を発生します。



このアリシンには強力な殺菌力があることから、かぜの予防と回復に効果的であるとされています。その殺菌力は、サルモネラ菌や病原菌のカビ、酵母の生育を抑制し殺菌する効果があります。12万倍に薄めた液でもコレラ菌やチフス菌、赤痢菌などに対する抗菌力を示すと言われています。



アリシンは、血中脂肪を燃焼させ、コレステロール値を下げる効果もあります。また、膵臓の働きを強め、インスリンの分泌をよくします。アリシンはチアミン(ビタミンB1)と結合するとアリチアミンという物質に変化します。アリチアミンは普通のビタミンよりも吸収力、貯蔵力に優れ、スタミナ増強、疲労回復に抜群の効果を発揮します。



ビタミンB1は、神経・筋肉の機能を正常に保つために必要なビタミンです。糖の代謝を促進してエネルギーを産生し、神経・筋肉などへエネルギーを供給します。アリシンはそのビタミンB1を吸収しやすくすることで疲労回復などに効果的なんです。また、アリシンはホルモン分泌を盛んにする作用があり、女性の更年期障害に優れた効果があります。



黒酢の効力とにんにくの効力を一緒に得ることができるのが黒酢にんにくであるわけです。黒酢や焼酎に、にんにくを漬けると化学変化を起こし緑色に染まることがあります。その緑色の色素はからだに無害です。そのにんにくを食べても身体に悪いことはありません。また、そのまま漬けこんでいれば全体がこはく色に変化し、味もまろやかになっていきます。安心して黒酢にんにくをお楽しみください。



黒酢にんにく 最新一覧 By楽天



黒酢にんにく / 黒酢にんにくの作り方 / 黒酢 黒酵にんにく卵黄 / すっぽん黒酢にんにく

スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。