スポンサードリンク

黒酢と糖尿病

黒酢を摂ることが糖尿病に対して効果があるといわれています。黒酢は、酢酸やクエン酸を含むことで、体液などをアルカリ性にしてくれます。



黒酢と痛風で述べているように、アルカリ性は細胞を元気にしてくれます。さらにアルギニンやヒスチジンを含むことで血流の改善効果を望めます。そのため、自然治癒力が働くのを助けてくれるといえます。



糖尿病に大きな影響のあるすい臓に対しても血流の活発化やエネルギー燃焼の活性化をもたらすことで血糖値を正常にする作用が働くとされています。



黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれています。そしてそのアミノ酸がタンパク質をつくる以外にも糖尿病対策としても重要な働きをしてくれることがわかっています。



糖尿病対策としては、血液中の糖分量すなわち血糖値をコントロールするインスリンの分泌を促すことが大切です。黒酢に含まれるアルギニン、ロイシン、ヒスチジンといったアミノ酸はインスリンの分泌を促進することが一般的に知られています。



そのなかでもインスリン分泌効果はアルギニンが最も強いとされています。血糖値が高めの方がアルギニンを積極的に摂取することによって、肝臓および末梢組織のインスリン感受性の改善がみられたという報告もあります。



黒酢を定期的に摂ることは、黒酢が含んでいる酢酸やアミノ酸などの様々な成分が相乗的に働くことで、少量の摂取でも、糖尿病に効果があると考えられます。つまり、酢だけやアミノ酸だけにはない作用が黒酢には存在するようなんです。

黒酢 最新一覧 By 楽天

黒酢の有機酸でメタボ予防 / 黒酢で内臓脂肪ダイエット / 黒酢で動脈硬化予防 / 黒酢とコレステロール / 黒酢と高血圧 / 黒酢でメタボ対策?



糖尿病でお悩みの方へ。スーパー糖尿病改善プログラム

スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。