スポンサードリンク

クエン酸と肝機能改善効果

黒酢に含まれているクエン酸には、肝臓の機能を改善し、肝臓病を予防する効果があるといわれています。



クエン酸は、クエン酸回路を活性化する作用があることから、エネルギー代謝を高めるため、身体に蓄積されている中性脂肪だけではなく、肝臓に蓄積されている中性脂肪の代謝も促します。



肝臓に中性脂肪が異常に蓄積している状態を脂肪肝といいます。糖分や脂質を摂りすぎや、アルコールの飲みすぎなどによって脂肪肝となることが知られています。



健康な肝臓でも3〜5%の脂肪を含んでいますが、5%を超えた場合を脂肪肝といいます。脂肪肝は年代では30〜70代に多く、男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年に多発しています。



脂肪肝は、放っておくと肝硬変に進むことがあります。脂肪肝などによって炎症を起こすことで肝臓に損傷が生じることがありますが、肝臓は、強い再生能力を持つことから、その傷を修復することができます。



肝硬変は、その傷を修復するときにできる「線維(コラーゲン)」というタンパク質が増加して肝臓をごつごつした岩のように硬くしてしまい、腹水や食道静脈瘤、肝臓機能が低下するために起こる肝性脳症や黄疸などを引き起こしてしまいます。



しかも、やっかいなことに、肝硬変そのものを治療できる薬剤はほとんどありません。したがって、脂肪肝を予防・改善することは、とても大切なことです。



クエン酸は、肝臓の中性脂肪の代謝を促すだけでなく、肝臓の機能を高めてくれる亜鉛など、ミネラルの吸収を促進する働きもあることから、肝機能改善効果を期待できる成分といえます。



黒酢 最新一覧 By 楽天



クエン酸と疲労回復 / クエン酸と血流改善効果 / クエン酸と肝機能改善効果 / クエン酸と痛風 / クエン酸とミネラル / クエン酸と食欲増進
| クエン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク






天然醸造玄米もろみ黒酢

こだわりの黒酢に、5種の貴重な根菜をプラス!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。